テントーkawasaki

毎日の食、健康に関すること

マスクの再利用? こうすればいい!【新型コロナウィルス COVID19】 

 

f:id:test008:20200304114657j:plain





こんにちはテントーkawasakiです。

マスクがいよいよ手に入りづらくなり、、、、

 

もういちど、再利用の方法をおさらいしておきましょう。

 

 

COVID19コロナウィルスの感染概況;

  • 回復した人56%
  • ヨーロッパ1万5000人視野
  • 中東1万人超え視野

 

 

 

  

 

3月10日 15:00 現在

  

症例 114,448

死亡 4,026(3.51%)

完治 64,156 (56.05%)

 

中国内症例 80754

中国以外  33694

 

イタリア 9172

韓国 7513

イラン 7161

フランス 1412

ドイツ 1224

 

スペイン 1231

US 754

日本 530(+客船  696)

スイス 374

イギリス 321

オランダ 321

ベルギー 239

スウェーデン 248

ノルウェー 205

シンガポール 150

香港 115

 

オーストリア 131

マレーシア 117

 

 

マカオ 10

スリランカ 1

ネパール 1

 

 

データについて

  • 100人以上の感染症例が報告された国
  • 赤マーカーは増加傾向の国
  • 青マーカーは収束した国

 

感染症例(患者)が現存している地域は、中国のほぼ全域と112の国です。

情報ソース;WHO,CDC, CSSE

 

 

マスクは感染から自分を守れる?

 

店頭の品薄に乗じて、転売ヤーとなった県会議員さんも出てくる状況になりましたが、、

 

実際、マスクの着用の是非について考えてみたいところです。

最新のWHO回答は次の通りです。

 

-----------------------------------------------

咳などの呼吸器症状のない人は、医療用マスクを着用する必要はありません。

WHOは、COVID-19の症状がある人や、咳や発熱などの症状がある人をケアする人だけは、マスクの使用を推奨しています。マスクの使用は、医療従事者および誰かのケアをしている人々(自宅または医療施設)にとって非常に重要です。

 

 


WHOは、医療用マスクの合理的な使用を推奨し、貴重な資源の不必要な浪費とマスクの誤用を回避します(マスクの使用に関するアドバイスを参照)。

 

呼吸器症状(咳またはくしゃみ)がある場合、COVID-19感染が軽度の症状である場合、またはCOVID-19感染が疑われる人の世話をしている場合にのみ、マスクを使用してください。

COVID-19感染の疑いは、症例が報告された地域への旅行、またはこれらの地域を旅行して病気になった人との密接な接触に関連しています。

 

 

COVID-19から自分や他の人を守る最も効果的な方法は、

  1. 手指を頻繁に洗浄
  2. 咳をするときはティッシュ、肘を曲げて覆う
  3. 咳やくしゃみをしている人から少なくとも1メートル(3フィート)の距離を保つ

 

詳細については、新しいコロナウイルスに対する基本的な保護対策を参照してください。

 -----------------------------------------------

 

しかし、感染の状況を見るともはや、いつどこで感染するかわからなくなってきました。

 

 

 

マスクの着用と再利用

 

ある通販サイトでは、マスクの商品がほぼ「予定数の販売を終了しました」と表示されていて、メーカーから出荷される数量が各販社ごとに割り当てられるという、異常な状況です。

 

WHOでは、マスクの再利用は否定していますが、実際に店頭に在庫がなくて入手困難な現在、どのようにしたらいいのでしょう?

 

 

 

アメリカでは「含有率60%以上のアルコール消毒液」、日本では「含有率70%以上アルコール消毒液」であればウィルスを除去できるとしています。

 

ということは、使ったマスクをアルコール消毒剤に浸し、攪拌洗浄して、乾かせばウィルスを除去したマスクということになります。

 

しかし、アルコールに浸した場合、フィルター機能が低下することは否定できませんので、これは方法としては現実的ではありません。

 

そこで、スプレー容器にアルコールを入れマスクの表裏面、ヒモに吹き付ければ、完全ではなくても表面に付着した相当量のウィルス除去はできることが期待できます。

 

 

エチルアルコール系の製品も、軒並み不足していて入手困難になっていますから、メタノール主成分の燃料用アルコールを代用される方もいらっしゃるでしょう。

その場合、手指洗浄は石鹸を使い、マスクのスプレーは燃料用アルコールを使って、十分に乾燥してアルコール分を完全に飛ばしてから使ったほうが安全でしょう。

くれぐれも、火気厳禁、揮発性が高く密室で使用すると、引火して爆発することもありますから、十分に換気して使用しましょう。

 

現実的に、「モノ」がない状態ですから、汚染したマスクを使い続けることを考えれば、この方法は防御策としては「より有効」でしょう。


ただし、WHOは、ほんの昨日まで

「マスクでウィルス感染を防ぐことは難しい」

と言っていましたように、マスクは万能ではありません

 

確かに「マスクをつければ外見上の感染拡大防止対策をしているようには見える」のは事実です。

 

しかしながら、マスクをしていても極微細な飛沫、あるいはエアロゾル感染は目からも耳からも経路としてあり得ます。

(実際そうですよ、花粉症の人はわかると思いますが、花粉が目に入れば、目がかゆくなり、充血したりしますよね。あれと同じことですから。)


わたし個人の見方では、感染を疑われる人がマスクを着用するのは感染拡大に有効でも、非感染者が感染防御のためにマスクを着用しても、「ないよりまし」程度の認識でいるべきだと感じます。

  

むしろ、自宅に小さな子供、赤ちゃんがいれば、もし万が一自分が持ち帰った場合も視野にいれておきたいところです。

 

 

 

 

 

 

------ 過去記事 ------

 

 

blog.tentokawasaki.com

 

 

 

blog.tentokawasaki.com

 

blog.tentokawasaki.com

 

 

blog.tentokawasaki.com

 

blog.tentokawasaki.com

 

blog.tentokawasaki.com

 

 

blog.tentokawasaki.com

 

blog.tentokawasaki.com

 

 

blog.tentokawasaki.com

 

 

blog.tentokawasaki.com

 

 

 

blog.tentokawasaki.com

 

blog.tentokawasaki.com

 

 

blog.tentokawasaki.com

 

blog.tentokawasaki.com

 

テントーKawasaki

©2019 tentokawasaki.com