テントー Kawasaki

JR川崎駅 周辺の店頭価格 毎日の生活に便利な情報をお伝えします!

【コハダの新子 酢じめ】粋な江戸前の寿司ネタを自宅でやってみると 

コハダの新子 酢じめ

#今日、買ってきた素材で作るひと品

 

コハダ

 寿司ネタでは初夏の旬ですが、秋になればお安く。

ひと手間かける料理ですが、
おうちで酢じめにすれば
美味しさは無限大

 

 

 



コハダの新子 酢じめ 作り方

 
材料;

コハダ 新子(LAZONA 北辰) 1P
塩 少々
酢 2〜3カップ

 

手順;

  1.  夏場は、酢を瓶ごと冷蔵庫
    3時間ぐらい冷やしておきます

  2. コハダを、氷水に漬けます

  3. よく冷えたコハダの鱗を
    削ぐように落とし、

  4. 次に頭を胸鰭の下から落とし、
    腹を割いて腹の中と皮目を
    手早く洗います

  5. 3枚におろし、腹骨をすき取り、
    残っている背びれ、尻ビレを除きます

  6. 平ザルに、新子の身を上にむけ
    並べて、軽く塩を振ります

  7. 30分ぐらい経過後、
    塩が溶けて水っ気が出ていたら
    流水でさっと洗います
    出ていなければ15分追加で。

  8. ボウルに酢を50mlほど入れ、
    コハダをざっと酢洗いしてザルに
    移します

  9. バットなどの広めの容器に、
    コハダを重ねないように並べ、
    かぶる程度の酢を満たし本漬け
    します
    (気温が高ければ保冷剤を1〜2個入れて)

  10. 夏場は20分ほど、冬場は30分を
    目安に引き上げてザルにあげ、
    キッチンペーパーをかぶせて、
    余分な水分を吸い取ります

  11. タッパなどに入れ、
    上からラップをかぶせ、
    冷蔵庫に保存しておきます。


    早めに食べることをおすすめします。

 

なぜ酢を冷やすのか?

これはコハダの皮目の色をヤケド

つまり、皮目の色を飛ばさないための

ひと手間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コハダのこと

コノシロ
これが正式名称ですが、東京では
もっぱらコハダで親しまれます。

 

=お詫び=
ここで使用した画像が、利用不適切でしたので、削除しました。
申し訳ございません。
後日、改めてアップいたします。

 

 

ニシンの仲間。
日本の各地沿岸に分布していて、
体長は25cmまでに達します。

体の形状は平べったく、
背びれの最後のところが、
細長く糸のように伸びていて、、

なーんか優雅ですねぇ。

 

 

 

 

ご当地グルメ

瀬戸内海地方で「ままかり

と呼ばれるものは、ずっと「コハダ」

だと思っていました。

違うんですね、、

調べてみたら「サッパ」を

漬けるんだそうです。

f:id:test008:20191103115950j:plain

サッパ

 資料;

 

 

 

 

 

 

 

まとめ的な

6月頃、生まれたばかりの新子は、
市場価格で4万〜11万の値が
付くこともあります。

 

そんな高値には、とてもとても
手が出ませんが、、、

季節が少しずれれば、
スーパーや鮮魚店にも顔を
出します。 

 

 

 

 

 一見、さばくのが面倒という感じを受けますが、

 

コハダは生まれたての「新子」から

「なかずみ」(体長18センチほど)

までならば骨が柔らかく

 以外にスッと包丁が入りますので、

何匹か捌いていると慣れて、

楽にできるようになります。

 

ぜひトライしてみてください。

 

 

口に入ったときのなめらかで繊細、

舌の上でほろっと溶けるような

味わいは、手作りならではです。

 

 一度食べたら、、、

リクエスト間違いなし

自宅でもできる、とても美味な魚です。

 

 

 

本日もお越しいただき、
どうもありがとうございました。

 

blog.tentokawasaki.com

 

 

 

 

 

本日の、JR川崎の周辺のスーパー、青果店鮮魚店などで安い、新鮮な野菜や肉、魚、特売の情報が、ひと目でわかることをモットーにしています。

ラゾーナ、アゼリア、アトレ、ルフロン銀柳街、買い物・お得な情報満載!

更に、今日買ってきた材料で簡単に作る”かんたん一品”と”おうちカフェ”は、今晩のおかず、メニューのお役に。

 

 

 

 

 

 

↓↓↓お役に立てたなら、ご面倒様ですが、どうぞ応援タップを!!!

 

 

ブロトピ:料理(グルメ)写真

ブロトピ:今日の料理・グルメ情報

 

ブロトピ:今日のブログ更新

テントーKawasaki

©2019 tentokawasaki.com